今すぐ実践!水道修理業者を呼ぶ前の応急処置早見表

今すぐ実践!水道修理業者を呼ぶ前の応急処置早見表

急な水道トラブルって焦ってすぐに業者を呼びたくなります。
そんなあなた、ちょっと待った!!
水漏れや詰まりは症状によっては自宅で簡単に直ることがあります。
例えば部品の緩みとか、綺麗に掃除したら流れるようになった、とかです。

ということで、水道トラブルが発生して焦って調べた結果、
このページに辿り着いたあなた、たまたま来たあなた、
現在水道修理に関することを調べているあなた!
まずはあなたの水道修理が応急処置で対処できないか、今一度確認してください。

箇所と症状から見る水道修理前の応急処置まとめ

箇所と症状別で応急処置をまとめました。
早見表としてもお使いください。

トイレの水道、応急処置

トイレの水道、応急処置

便器に水がチョロチョロ流れ続ける

原因
・タンク内の部品がズレている、または壊れている
・給水管や給水栓の異常

応急処置
・タンクの中を確認して、部品を確認。
 特に水があふれていないか、底にあるゴムフロートがズレていないかを確認。
 ズレていたら元に戻すと直ることがあります。

・止水栓を締めて水の流れを止める
 とりあえず水がタンク、または便器に流れるのを防ぎます。
 止水栓が無い、またはわからない時は家の元栓を締めます。

タンクの蓋、上部から水が溢れる

原因
・給水栓から水が流れすぎている
・ボールタップの異常、または故障
・ゴムパッキンがズレている、または劣化

応急処置
・タンクを確認して、ボールタップやオーバーフロー管の確認。
 壊れていたりズレていたら、交換したり位置を直すと直ることがあります。

・止水栓が開き過ぎていないか確認。
 適切な水量を確認してください。もし止まらなければ元栓を締めます。

・タンクの中にもう一つ蓋がある場合、どこかにゴムパッキンかスポンジ状の部品があるはず。
 位置がズレていないか、劣化していないか確認して交換や位置を直してください。

各種配管やパイプ類から水漏れ

原因
・パッキンやナットの劣化、または本体の破損
・ナットなど接続部の緩み

応急処置
・最初に緩みを確認して、緩んでいたら締め直します。
・それでも漏れる、または勢いが強いようなら交換や修理が必要です。

トイレが詰まって流れない、水が溜まる、逆流する

原因
・排水管にトイレットペーパーが溶け残って詰まっている
・その他水に流れにくい、溶けにくい物が詰まっている
・キャップやスマホなど異物、固形物を落とした

応急処置
・まずは溜まった水を捨てて、ラバーカップを使ってスッポンします。
・それでもダメなら重曹やパイプクリーナーを使います。
・異物や固形物は取り出せるなら取り出してください。
・それでもダメ、または取り出せないようなら業者へ依頼してください。

キッチンの水道、応急処置

キッチンの水道、応急処置

シンク下から水漏れ、床に水が溜まる

原因
・シンクと流し台の建て付けが悪くなっている
・蛇口の水漏れが伝っている
・排水溝、排水管から水漏れしている

応急処置
・蛇口の水漏れを止める、または止水栓を締めます。
・排水管の接続部に緩みがないかチェックします。
・排水溝、排水管に詰まりが起きている可能性があります。
 詰まりを掃除すると解消できる事があります。
・建て付けが悪い場合、すぐに止水栓を締めて工務店へご連絡ください。

排水溝の詰まり、逆流して水が溜まる

原因
・油や食物のカスが蓄積して詰まりが起きている
・つまようじなど流れにくいもの、パスタなど膨らむ物が排水溝で引っかかっている

応急処置
・重曹やパイプクリーナー、スッポンなどで詰まりを取り除きます。
・排水溝のバスケット(キャッチャー)に何か詰まっていないか確認してください。

洗面台の水道、応急処置

洗面台の水道、応急処置

水が流れず溢れてくる、溜まる

原因
・髪の毛などが排水管に詰まっている
・キャップなど異物や固形物を落とした
・排水管の老朽化、劣化

応急処置
・排水管の詰まりを重曹やパイプクリーナーで掃除します。
・異物や固形物は、取り出せるなら取り出してください。
・排水管が取り外せるなら取り外して中を掃除します。

排水管からポタポタ水漏れしている

原因
・ナットなど接続部の緩み
・パッキンなどの劣化、老朽化
・排水管に詰まりが起きている

応急処置
・各種接続部に緩みがないかチェックして、緩んでいたら締め直します。
・パッキンが劣化している場合は交換すると直ることがあります。
・排水管の詰まりを掃除すると直ることがあります。

洗濯機の水道、応急処置

洗濯機の水道、応急処置

排水できない、詰まりのエラーが出る

原因
・排水フィルターにゴミが詰まっている
・排水ホースが詰まっている
・排水ホースが外れている

応急処置
・排水ホースの状態を確認して、外れていたら取り付けます。
・排水ホースが詰まっていたら、綺麗に掃除します。
・縦型洗濯機は洗濯槽内部、ドラム式は下部に排水フィルターが設置されてるはずなので、掃除します。

洗濯機の下から水漏れ

原因
・排水ホースが外れている
・洗濯蛇口の水漏れが床に伝っている
・洗濯機の故障

応急処置
・最初にコンセントと元栓を必ず締めましょう。
・排水ホースをチェックして、外れていたら取り付けます。
・蛇口や水栓が水漏れしていたら部品か本体を交換します。
・洗濯機の故障はメーカーへ問い合わせください。

風呂・浴室の水道、応急処置

風呂・浴室の水道、応急処置

水はけが悪い、引かない

原因
・排水溝が詰まっている
・排水管が詰まっている

応急処置
・排水溝、または排水管の詰まりを重曹やパイプクリーナー、スッポンで掃除します。

浴槽の水が流れない

原因
・排水溝、排水管が詰まっている

応急処置
・排水溝、または排水管の詰まりを重曹やパイプクリーナー、スッポンで掃除します。

浴槽から水漏れしている、水が溜まらない

原因
・浴槽の建て付けが悪い
・浴槽にヒビなど破損している、または劣化や老朽化
・ゴム栓やワンプッシュボタン栓が壊れている、劣化している
・ワンプッシュボタンの場合は詰まっていることもある

応急処置
・ゴム栓が劣化している場合、交換すると直ることがあります。
 触って粉が吹いているようなら劣化している証拠です。

・ワンプッシュ排水栓は分解できるなら分解して掃除します。
 髪の毛などが絡まっている事があります。

・建て付けやヒビなどは、パテや防水シートでも対応できますが、状態によってはすぐに再発します。
 一旦パテで応急処置して、すぐに業者へ連絡してください。

蛇口・水栓の水道、応急処置

蛇口・水栓の水道、応急処置
蛇口や水栓は、共通してほとんど同じ原因なので、
どこの蛇口でも同じような応急処置ができます。

ハンドルから水漏れ、ポタポタ止まらない

原因
・ナットなど各種接続部分の緩み
・ハンドル内のパッキンやコマ、ケレップが劣化している
・止水栓が開き過ぎている
・カートリッジの劣化、老朽化

応急処置
・まずは止水栓を締めて水を止めます。
・緩みがある場合は締め直します。
・ハンドル部分を分解して劣化しているか確認します。
・パッキン、コマ、ケレップは交換すると直ることがあります。
・シングルレバーの場合、レバー内部のカートリッジを交換します。

吐水口からポタポタが止まらない

原因
・ナットなど各種接続部分の緩み
・コマの劣化、故障

応急処置
・緩みがあれば締め直します。
・ハンドルやレバー部分を取り外して、中のコマを交換します。

蛇口の付け根、水栓の取り付け部分から水が漏れている

原因
・水量が多い
・接続部分の緩み
・パッキンの劣化
・部品の損傷や老朽化
・給水管の破損

応急処置
・止水栓や元栓を確認して、開きすぎていたら適切な水量へ調節しましょう。
・接続部分が緩んでいたら締め直します。
・勢いが強い時は止水栓を締めて防水テープとパテで補修し、業者へ連絡してください。
・止水栓が無い、わからない時は家の元栓を締めましょう。
・パッキンの劣化には蛇口を取り外す必要があります。
・各種部品の損傷も同様に分解が必要。
・給水管を確認して、破損していれば交換します。
・埋設された給水管は応急処置しようがないので、元栓を締めて業者へ連絡するか、 管轄の水道局、賃貸の場合は大家さんへ連絡しましょう。

詰まりの応急処置に最適なラバーカップ(スッポン)!

詰まりの応急処置に最適なラバーカップ(スッポン)!
一度は見たことがあるであろう黒いゴム製のスッポン。
正式にはラバーカップと言って、特に排水の詰まりなどの応急処置に最適です。
正しく使えば業者を呼ぶ前に、ラバーカップだけで詰まりが直ることがあります。

押すは間違い!ラバーカップを正しく使う手順

・排水口、排水管を完全に覆うようにラバーカップを設置します。
・ラバーカップのゴム部分が半分程度浸かるくらい水を入れます。
・押しこむ時はゆっくりと、引くときはグッと一気に力を込めるように強弱をつけてスッポンします。
・絶対に隙間が出ないように気をつけます。
・押しこむのではなく、『引っ張り上げる』イメージで行ってください。

スッポンは物を押しこむのではなく『引っ張り上げる』道具です。
流れず詰まっているのに押し込むと、余計に詰まりがひどくなります。
だからこそ、押すときはゆっくり、引くときに力を込めてグッと引っ張りあげます。

そうすると、軽い詰まりなら2~3回程度スッポンするとスッキリ流れることが多いです。
それから水を使って真空状態を作ることも引っ張り上げるために必要なので、
必ず水と一緒に使うようにしましょう。

水道の応急処置にパテや防水テープは意味が無い?

水道の応急処置にパテや防水テープは意味が無い?
よくある漏水補修材の防水パテや防水テープは、
かなり軽い状態だったり、小さな破損を隠す程度なら効果があります。
ですが完全に水漏れを止めるものではないので、
勢いが強かったり傷が大きいと、またすぐに再発する恐れがあります。

正式に販売されている補修材なので完全に意味が無いわけではありませんが、どんな症状でもあくまで応急処置にすぎません。
補修材を使ってその場しのぎをするよりは、すぐに修理に取り掛かったほうが無難です。

部品交換の応急処置には注意が必要!

蛇口の部品交換の応急処置には注意が必要! 排水管など部品交換の応急処置には注意が必要!
蛇口や水栓の水漏れや排水管などパイプ類の水トラブルでは部品の交換、
本体を新品と取り替える必要が出てきます。
ここまで来ると応急処置とは言い難いですが、自分でやるときには要注意です。

交換するときの注意点
・必ず同じ部品を交換すること
・組み立て直すときは必ず同じ状態に戻すこと
・自身がないときは無理をせず、必ず修理依頼をすること

組み立て直す際に役立つ方法として、分解する行程を写メりましょう。
そうすると、組み立てなおしのときミスが減ります。
説明書があるなら、必ず読みながら行ってください。

しかし蛇口や水栓、または配管の交換というのは結構部品が多くて難しいこともあります。
自身がないときは絶対に無理をせず、必ず修理業者へ依頼しましょう。

より具体的な蛇口や水栓の交換方法は、以下のページをご参考ください。
→『知って得する蛇口・水栓の水漏れ対策と交換方法』

まずは止水栓を締める!これが基本の応急処置!

まずは止水栓を締める!これが基本の水道応急処置! まずは元栓を締める!これが基本の水道応急処置!
キッチンやトイレなど、水道で水漏れや詰まりなどが起こったらまずは止水栓を締めます。
止水栓が無かったりわからなかった場合は家の元栓を締めて水の流れを止めましょう。
元栓は水道メーターがあるボックスの中に、メーターの横にあるバルブです。

誰でもすぐに対応できる応急処置は、確実にこの方法。
それから各水道トラブルの症状に合わせた応急処置を実践し、
それでも直らない、あるいは直す自信がないときは修理の依頼をしてください。

フォローする