水道管凍結の意外な原因と修理業者に教わった予防方法

水道管凍結の意外な原因とプロに教わった予防方法

修理箇所:屋外の水道管
トラブル:水道管の凍結で水が出ない

私が住む北海道では冬の時期になると、水道管が凍ってしまうトラブルが多数発生します。
それ以外でも東北など急激に気温が低くなる地域では気をつけたい事態です。
今回はそんな体験から得た水道管の凍結する原因と対策を、
修理に来てもらった業者さんからお聞きしたので予防策として書いていきます。
これで少しでも凍結被害が減ってくれることを祈ります。

凍結すると最悪の場合、水道管の破裂を招く

寒い地域の水道管ほ凍結防止がされていますが、古いものになればなるほど凍りやすくなります。
最悪の場合だと、水道管破裂と言う大惨事となって大きな工事が必要に。
一般的な対策は水の元栓をしめて、配管の中の水吐き出してしまわないといけません。
ですが今回、その対策をしていたにも関わらず、例に漏れず配管を凍らせてしまったのです。

配管素材に要注意!水道管が凍結する原因

自分ではもう手に負えず業者を呼んで直してもらいました。
業者と話をして内容をきくと、北海道や東北などの寒冷地は冬場になると、
お家の隙間などから冷たい風が配管に当たり凍らす原因らしいです。
そして、配管にも種類があり、一昔前は、家の水回りの配水管は銅管が主だったらしく、銅管製の水道管は破裂しやすいんだそうです。

銅管の水道管は破裂しやすい

今回水道管が凍結した原因を整理すると、以下の3つが起因してました。

・隙間風など冷たい空気によって水道管内の温度が急激に下がったこと
・古い銅管で出来た配管だったことが破裂した直接の原因
・水道が凍結することで銅管内部の圧力が増加した

みなさんのご自宅の水道管、もしかして銅製ですか?
もしそうならすぐにポリ素材への配管へ交換したほうが良いでしょう。

破裂予防にはポリ素材の配管がベスト

現在、水道管の主流はポリ素材のパイプ。
ポリ素材を使用することにより、凍っても配管自体に柔軟性が出るため、破裂は免れるようになっているそうです。
私の家は銅管だったので、配管には凍ってしまい亀裂が入ってしまいそこから水漏れしてしまいました。

水道管の凍結未然に防ぐ予防方法

ポリ素材の配管を使用しなくても、対策方法は他にもあります。

・隙間風を発泡スチロールでくるんで防ぐ
・銅管用凍結防止ヒーターを使う
・定期的にお湯を流す(熱湯は逆効果)
・部屋を温めて配管にも暖かい空気を当てる

ヒーターを使う方法は別途購入が必要ですが、
それ以外の対策なら自分でもすぐにできるのでオススメらしいです。
実際我が家では、この一件以来定期的にお湯を流すようにして、
暖房を付けるときはキッチンなど家の中の配管が露出している場所を開け放しています。

配管周りの水滴は徹底して拭き取ることが大事

そして、何より大事なのは配管周りの水滴(結露)を徹底して拭き取ることだそうです。
特に外出中など家に誰も居ない時は暖房も切っている状態だと思うので、
その時は水道管も冷えて水滴が発生しやすくなります。
帰宅次第、できるだけこまめに水滴を拭き取ることが、最大の対策だと言えるそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
水道管の凍結は、住む地域によって様々な症状でしょうが、
ひどくなると結果は同じです。
まずは温度の変化に注意すること。
これが凍結を予防する第一歩になるはずです。

フォローする