経年劣化でキッチン蛇口のコーティングが剥がれた時の対処法

経年劣化でキッチン蛇口のコーティングが剥がれた時の対処法

修理箇所:キッチンの蛇口
トラブル:経年劣化によるコーティングの剥がれ

もう先日は大変でした。
運動会の前の日に、キッチンの水道がやられてしまいました。
気がついたのは朝だったので、なんとか即日で修理をしてもらって事無きを得ました。

キッチンの水道から汚水が流れてきた

朝台所で洗い物をしていて、なんだか黒い点々のようなものが水に混じってる事に気づいたんです。
最初、水道管が劣化して配管の内側の劣化物が流れ出してるのかなって思いました。
でも、他の洗面台やお風呂では、水に混じりものはないんです。お湯でも水でも関係なし。

「明日運動会なのに、どうしよう!夜中からお弁当作りしないといけないのに!」と青ざめました。

ご飯を炊くのにはミネラルウォーターを使えばいいけど、他に食材を洗うのにも水道を使うしどうしよう!って。
洗面所でいちいち炊事用の水を運んでくるのは大変だし、嫌になっちゃいます。
いそいで業者に連絡して、経緯を説明しました。

原因は蛇口のつまりではなく劣化によるもの

修理業者によると、うちの場合は蛇口の中のコーティングがはがれてきている可能性が高いとの事。
うちの台所の水道は、蛇口が伸びるホース式で、よくあるそうなんですね。

すぐに見にきて下さったんですけど、その時同じ部品がなかったそうで「どうします?」と言われました。明日の運動会の方が先決!と思い、別にホース式にこだわりもないので普通の蛇口に取替えてもらいました。
土曜日なのに対応してもらえて、今思えば本当に助かりました。

キッチン蛇口の水道から汚れた水が流れた時の対処法

・キッチンでよく見るシャワー水栓のホース部分は劣化によって内部のコーティングが剥がれる
・剥がれると水道から汚れが混ざって出てくる
・そのまま放置すると蛇口の詰まりに発展する
・自分でホースの交換をすることもできるが素人にはあまりオススメできない
・蛇口を一度分解してまた元通りに組み立て直す必要がある
・10年以上使っているものなら交換よりも本体を新品に取替えたほうが安く直せる

担当してもらった修理屋さんの説明をまとめるとこのような感じです。
蛇口の部品はネット通販やホームセンターでも買うことができるが、
自分で交換する場合は組み立てる必要が有るため少し技術が必要なんだそうです。

それよりもまずは使っている年数を考えて、
もし10年前後の使用だったら新しい物と蛇口本体を取替えたほうが無難らしいですね。

耐用年数を超えた蛇口の部品は製造中止されていることが多い

蛇口の平均寿命って大体使用から10年前後らしいです。
また、それくらい経っていると対応メーカーの部品製造も終了していて
なかなか同じ部品を購入することも難しいんだとか。

もしそれでも自前で交換修理するなら最初にメーカーへ問い合わせる方法もあると聞きました。
メーカーによっては在庫が確保されていることもあるから、
もしかしたらそっちを最初にした方がいいこともあるそうです。

フォローする