老朽化で困ったトイレの水道管のつまり

トイレの詰まりを修理業者に依頼するときの注意点

修理箇所:トイレ
トラブル:水道管の詰まり

当時、築40年以上のビルの1室を借りて住んでいました。
昔オーナーが住んでいた部屋という事もあって、内装はそこそこ充実していたものの
水回りやキッチンなどは、ほぼ昔のままの状況でした。

トイレが詰まって水が溢れてきた!原因は老朽化?

ある日の事、トイレをして水を流したところ、水が流れずどんどん溢れてきたのです。
最初は築年数も古いので、お化けがでたのかと疑ってしまいまいしたが、
冷静になってよく見てみると、水道管が詰まっているのかと気づきました。
トイレの排水管は老朽化してくると詰まりやすいとどこかで聞いたことがあります。

確かに40年以上経過しているし、その間にメンテナンスなどをしているか聞いてなかったので、
おそらくそれが原因だろうと思いました。

自分で直してみるも効果なし

スッポンは常備しているので、試しに自分で直してみることに。
使い方をきっちり調べてその通りに試します。

まずは溢れた水を取り除き、そのあとでスッポンを排水口を完全に塞ぐように抑える。
この時、水を少し注いでスッポンの頭のゴム部分が沈むくらいに調節する。

隙間ができていないことを確認して何度か引っ張りあげます。

結果はあまり効果なし。
もしかしたら詰まりが完全に引っかかっているか、
そもそもスッポンでは取り除けない物が水道管に挟まっているのかもしれません。
トイレが使えないと非常に困るので、急いで修理業者を探すことにしました。

深夜帯でも即日出張してくれる水道業者をネットで探す

しかし仕事が終わった後のくつろいでいた時間帯で夜の10時、
これから来てくれる業者さんなどあるのだろうかと心配になりながら
インターネットで「トイレの詰まり」のキーワードで調べ始めました。
初めての経験でしたが、深夜でも以外に来てくれる業者がある事を知り
そのうちの1件に早速依頼する事にしました。

さすがプロの技術。詰まりの原因をジェット噴射で完全除去

1時間以内くらいですぐに駆け付けてくれて、なにやら掃除機のような機械を持ってきてくれました。
そしてその掃除機のようなものを噴射し、ものの5分もしないうちに作業が完了。
業者の方は涼しい顔で「終わりました」と任務完了して頂きました。

原因を聞くと、やはり老朽化で詰まりやすくなっているかもしれないとの事で、今回の処置としてはジェット噴射で詰まりを取ったとの事でした。
あまりの早さと、遅い時間帯にも関わらず対応して頂いたことに対し、便利な世の中になったものだと感動しました。

フォローする