トイレの詰まりを修理業者に依頼するときの注意点

トイレの詰まりを修理業者に依頼するときの注意点

修理箇所:トイレ
トラブル:詰まり

この前、以前からいまひとつ調子の悪い感じだったトイレがとうとう詰まってしまい、
水が流れなくなり、あふれてしまいました。
トイレが使えなくなると本当に困ります。

トイレの修理業者をネットで検索

日曜日の夜だったので、どこに依頼したらいいか分からず、
ネットで検索して、地元の業者を捜しました。
地元でいつでも修理に来てくれるという業者を見つけたので、
そこの電話番号に電話してみました。

深夜の割増料金

するとすぐに来てくれるということでホッとしたのですが、
しばらくして来てくれた業者の人が、トイレの詰まりの状態を調べて、
「この詰まりの箇所は外の水道管のようですね」と言いました。

それで、業者の人が外に出て調べて、詰まっている水道管の場所を特定し、
そこを修理することになりました。

外の作業になるし、日曜の夜ということで、
割り増し料金を取られてしまい、かなり高くつきました。
7万5千円も取られてしまったので、慌てていたとはいえ、
そこの業者さんに頼んでしまったことを後悔しました。

賃貸の場合はまず大家へ

大家さんが、「まずこっちに相談してくれればもっと安い業者さんに頼めたのに」と言われました。
大家さんも負担してくれることになって、不動産屋さんが間に入って、
うちが5万円、大家さんが2万5千円負担するということで話がまとまりました。

ネットですぐに見つかるとはいえ、安易に頼んではいけなと学びました。

ネットで水道修理を頼むコツ

後日、知り合いに事の顛末を伝えると、
その方はいろいろコツを教えてくれました。

その1:水道修理は基本的に複数業者に見積を依頼すること
その2:ネットで調べる場合、まずは料金の内訳を聞くこと
その3:出張見積りが無料かどうかを必ず電話で聞くこと
その4:出張見積りで断った時料金が発生するか聞くこと

どうやらトイレに限らず、水道修理は基本的に現地調査しないと
詳しい修理内容はわからないそうで、
出張見積りが一番確実な料金を提示してくれるんだそう。

その際必ず電話で出張見積りが無料か、見積段階で断っても料金は発生しないかを聞き、
その上で複数業者に見積を出してもらうことが最も良い方法らしいです。

その話を聞いて、確かに納得。
ネットだからこそ調べるのは早いですが、
その分慎重に選ばないといけないと思いました。

フォローする