洗面所の水道の蛇口から水漏れを起こしていたため蛇口を交換

洗面所の水道の蛇口から水漏れを起こしていたため蛇口を交換

修理箇所:洗面所
トラブル:蛇口の水漏れ、交換

ある日、洗面所で手を洗うため蛇口を触ろうとしたら、水道の下に水たまりができていました。
「子供がぬれた手で触ったのかしら?」と思っていました。
雑巾で拭いて水分を取りました。

しかし、次の日また同じように水たまりができていました。
「あれ、おかしいな?」と、蛇口を何度ひねっても、水漏れらしきものは起きません。
今度は雑巾をたたんで、水道にくっつくように置いておきました。余分な水分を取るためです。

さらに次の日、今度は雑巾が絞れるくらいにびちょびちょになっていました。
子供に、「お水で遊んでない?」と聞くと、「そんなことしないよ。」
夫に聞いても「知らないよ。」との返事。

「水漏れだ。」と確信しました。

業者に連絡を取り、見てもらいました。

水漏れの原因は経年劣化からくる老朽化

「築20年ですと、水回りは故障してきますよ。」

「おそらく、水道の蛇口のパッキン部分の劣化か、水道の蛇口全体の劣化で水漏れが起きています。
 水道全体の劣化の場合は、パッキンを交換しても水漏れはまた起きると思います。
 全く同じ製品は、型が古いためお取り扱いはありません。蛇口の取り換えをおすすめします。」

と言われ、蛇口の取り換えを依頼しました。
言われて初めて実感しましたが、さすがに20年も使っているとなると、
いろいろ老朽化してガタが来るのも納得です。

次の日に部品を持って交換に来てくれました。
費用は二万円ちょっとかかりました。時間は6時間くらいでした。

あまりに長い作業なので、気の毒に思いカップラーメンをお昼にお出ししました。
若い方で作業に慣れていなかったようです。
翌日上司が作業が完了しているかチェックにいらっしゃいました。
技術のある方がしっかりしたアフターケアをしてくるのは感心できますし、
安心できる部分でもありますね。

次何か水道のトラブルがあったらお願いしようと思います。
みなさんも水道屋さんへ修理をお願いするときは、こういった感じで、
しっかりとしたアフターケアを保証してくれる業者さんを選ぶことをオススメします。

老朽化が原因なら交換がオススメ

それから5年ほど経過していますが、一度も水漏れ不具合はありません。
きれいに磨けばまだピカピカに光りますし、下の子が生まれ三歳になりましたが、その子の力でも楽に動かせます。
水道関係は毎日使うものなので、新しいものに取り換えて良かったと実感しています。

フォローする