驚くほどスッキリ解消!トイレの詰まり&水漏れの原因

『水が流れずに溢れてくる!』
『詰まって逆流してくる!』

『タンクから水があふれる!』
『詰まりが酷くてどうしようもない』

普段何気なく使っているトイレですが、急に詰まって水が溢れたり、
タンクから水漏れしてきて困ったことはありませんか?
日常的に使っているトイレだからこそ、水トラブルはつきものです。

こういった状態になったとき、適切な対処をするためにまずは原因を把握する必要がありますね。
そこで!このページでは急なトイレの水トラブルに素早く対処できるように、
詰まりと水漏れを原因から徹底的に洗い出し、ついでに簡単な解消法も探していきます!

まずはしっかり原因を探って、それから業者を呼ぶか自分で直せるかを試しましょう。

水が溢れる!?トイレの詰まり3大原因と解決策!

意外な事実!トイレが詰まる3大原因

280px-Toiletpapier_(Gobran111)

トイレが詰まる3大原因
その1:大量のトイレットペーパー
その2:節水のしすぎ
その3:硬い異物や引っかかりやすい固形物

トイレに流すものといえば当然トイレットペーパーが多いはず。
ということで、詰まりの原因top3にも入るのがこの大量のトイレットペーパー。

トイレットペーパーは性質上水に溶けやすくできていますが、
あまり大量に流しすぎると排水管のトラップ部分に引っかかって詰まってしまいます。

水が流れなくて溜まった状態になったら、まずは軽くスッポンしてください。
水の中に細かい紙のような物が浮いていたら、まず間違いなくトイレットペーパーが流れていないはずです。

節水のしすぎは要注意!?

トイレの節水でよくあるのがペットボトルをタンクに入れたり大を小で流すことですね。
これもトイレが詰まる立派な原因です。
トイレはちゃんと適切な量の水で流れるように設計されているので、
過度な節水は本来の機能の低下につながり、結果排水管などで詰まります。

ペットボトルを入れすぎていませんか?
水の量を減らしすぎていませんか?

一度詰まると詰まりやすくなるので、節水が原因だとしたら今すぐ辞めることをオススメします。

水に流れる商品を過信してはいけない

水に流れる猫砂やお掃除シートなど、トイレに流せるので便利ですね。
しかし、それらの商品は基本的にトイレットペーパーよりは水に溶けにくいです。
あまり大量に流しすぎると詰まります。

これらは正しい流し方が、商品ごとでちゃんと注意書きとして記載されているので、
用法用量はしっかり守りましょう。

基本は少しずつ、シートなら1枚ずつ流し、1日に3回以上は流さないことです。

スマホなど落としやすい物をトイレで使わない

スマホや指輪など、落としやすい物はトイレで使わないでください。
当然ですがトイレの排水管に落としてしまったら取り出しにくいです。
最悪トイレを外しての修理が必要になってきます。

お湯で始まる代表的な解決策

・お湯
・ラバーカップ(スッポン)
・重曹
・パイプクリーナーなどお掃除用品

上から順番に試してください。
トイレットペーパーは水に溶けやすくできていますが大量だと溶けにくくなります。
ということは、何かしら溶けるのを手助けしてやることで詰まりを解消できるということ。

一番楽なのがお湯を流すことで、50度程度の熱すぎないお湯がベストです。
暑すぎると配管や陶器を傷めてしまうことがあります。

それでも直らないようならラバーカップやスッポンの出番。
お湯で崩れやすくなっているはずなので、スッポンで一気に崩してしまいましょう。
ここまでやってもまだ足りないようなら重曹やパイプクリーナーを使います。

もしかしたらラバーカップの使い方が間違っていたりすることもあるので、
より詳しいそれぞれの道具の使い方はこちらのページをお読みください。
→『今すぐ実践!水道修理業者を呼ぶ前の応急処置早見表』

基本的にトイレットペーパーのつまりはそこまで過剰にならなくても自然に溶けますが、
溶けきっていないのに新たに流してしまうと蓄積してしまい、それが詰まりになっていきます。
トイレットペーパーが原因で詰まったトイレは、早急に直すようにしましょう。

チョロチョロ止まらない?トイレの水漏れ原因と解決策

劣化が元凶?水漏れ4大原因

タンク-300x252

トイレが水漏れする原因
・ナットや接合部の緩み
・配管やパイプ類の劣化
・ゴムパッキンの劣化
・タンクから水が溢れる、チョロチョロ垂れる
・過度な節水

トイレが水漏れするのはほとんど劣化や部品の緩みからきます。
配管のナットに緩みは無いか、給水管などパイプは劣化していないか。
劣化が一番の原因ですので、解決策は交換や取り換えが一番効果的。
また、詰まり同様過度な節水も水漏れする原因になりえます。

地震の後は水漏れしやすい

各パーツの緩みは振動で起こりやすいです。
また、地震など大きな振動は配管の劣化を悪化させ、破裂させたりします。
なので配管やパイプの緩みや劣化からくる水漏れのほとんどは振動が原因だったりします。

パイプからの水漏れを発見したら、最近地震や揺れがなかったか思い出してみてください。

トイレの水が止まらない時はタンクの故障を疑え!

故障と言ってもどこかが壊れたとか破損など大きなものではなく、
まずはトイレタンクの中の部品が、ちゃんと正常な場所に配置されているかを確認します。
便器に水がチョロチョロ流れ続けていたり止まらない時は、
ゴムフロートやボールタップの位置がズレていたり、タンクの中に水が流れすぎていたりすることが原因です。

節水でも水漏れは起こる!

節水のためにトイレタンクにペットボトルを入れると、そのせいでゴムフロートがズレたり、
オーバーフロー管などを壊してしまうことがあります。
強い揺れなどが起こるとタンクの中でペットボトルが縦横無尽に暴れるからです。

ゴムフロートは便器に水を流すための蓋で、オーバーフロー管とはタンク内に水が溢れるのを防ぐための部品。
これらが壊れたり、位置がズレると便器に水が流れ続ける原因になります。

まずは緩みを直す!代表的な水漏れ解決策

・各部品の緩みを直す
・破損している場合は交換や取り換え
・節水をしていないか確認
・タンク内の部品の位置を直す

トイレの水漏れを修理するにはどの場所から水漏れしているかが重要。
配管やパイプなら緩みを確認して、どこか壊れていたら新しい物に交換しましょう。
便器に水が流れ続ける場合、タンクの異常が考えられるので中を確認してください。
各部品がちゃんと正常に位置にあるかどうかチェックし、もしズレていたら直すだけで水漏れが解消されることがあります。

露結が原因?トイレの床に水が溜まっていたら

トイレは陶器で出来ているので、温度の変化によって露結が発生することがあります。
トイレの床に水が溜まっていたら、便器の表面に水滴が付いていないか、
また、周辺の配管やパイプも同時に確認してください。
それから室温を一定にするために、しばらくトイレのドアを開放しておくのも効果的です。

それでも水が溜まるようなら床下から水漏れしている可能性があります。
床下からの場合、埋まっている配管を掘り出す必要があるので業者へ依頼するしか無いと思います。
一度水が溜まっている場所をよく確認してから業者の見積を取りましょう。

フォローする