水道修理の料金相場を徹底比較!よりお得に修理するために

業者の料金と自分でやる時の料金比較

水道修理の料金相場を徹底比較!よりお得に修理するために
『水漏れだ!業者に連絡しないと』
『ちょっと待てよ、高いんじゃないか?』

『自分でやったらどれくらいかな?』
『業者の見積もりってどんな内容かな?』

水道修理となると業者へ依頼するか自分で直すか考えます。
その時に思うのが、どちらのほうが安く抑えられるか、ですよね。
修理の種類にもよりますが、ケース別でどのような料金になるか、
比較していきたいと思います。

水道修理料金の前提

・自分で直す場合は基本的に部品代や工具代のみ
・業者に頼むときは、その他に出張費や作業費、人件費がプラスで発生する

最初に以上の2つは把握してください。

これだけ見るとどう考えても自分で直すほうが安いと思いますが、そこはやはりプロ。
修理作業のスピードや的確さ、新品同様の仕上がりや今後のお手入れのしやすさを考えると、
サービス代として料金が割増になるのは当然と考えましょう。
その上で、自分で直すか依頼するかはトラブルの状態を見て考えます。

パッキンの交換程度なら、もしかしたらDIYできることも多いですが、
蛇口やパイプの取り換えとなると、場所によっては自分では難しいことも多々あります。
どうしても難しい、自分では対応できないようなら、早急にプロの業者へ依頼することを検討してください。

各種水道修理の料金比較

・パッキンの交換
自分で修理:パッキン代100円~
業者の修理代相場:2000円~5000円程度
・蛇口や水栓の交換・取り換え
自分で修理:蛇口・水栓の本体1万~3万 など
業者の修理代相場:1万5000円~3万円 など
・トイレの詰まり修理
自分で修理:ラバーカップなど工具代100円~
業者の修理代相場:2000円~1万円 など
・その他排水溝などつまり修理
自分で修理:ラバーカップなど工具代100円~
業者の修理代相場:2000円~1万円 など
・排水溝など高圧洗浄
自分で修理:高圧洗浄機の代金:1万円~
業者の修理代相場:3000円~数万円 など
・排水管の交換や取り換え
自分で修理:各種パイプ代3000円~1万円 など
業者の修理代相場:5000円~数万円 など

修理業者へ依頼するときは、基本料金 + 作業費がかかるのが基本。
それから故障の状態によっても修理方法が変わってくるのでその分料金の変動があります。

なぜ水道修理業者の料金は不透明なのか

水道修理は実際に見てみないことには細かな修理方法は出せないのが一般的。
家の築年数や設置の仕方、トイレやキッチンなど修理箇所の状態など、
とにかく現地に行かいないと不確定要素が多いので、どうしても不透明になりがちなのです。

ただし、出張料などは業者によって決まっている事が多いので、それだけは事前に確認できるはずです。
もし電話で事前に、確実にわかる料金があるのであれば、その場で確認を取るようにしましょう。

蛇口・水栓や便器など本体取り換えの価格差について

ちなみに蛇口や水栓、便器、トイレタンク、パイプなど、
部品ではなく本体そのものを取替える場合、新品の商品価格によって値段が変動します。
蛇口で言うと、安いもので1万円から。高いと3万円するものも。

業者へ頼む場合、安い蛇口を選べば高い蛇口を自分で買って取り付けたときと
実は、料金の差はそんなにありません。

なので、もし本体の取り換えが必要になったなら、
その本体をご自身で用意して、取り付け作業のみという依頼方法を取ると、
見積から本体代が省かれますので一般的な相場よりも安く抑えることが出来ることがあります。

依頼する前のトラブル回避方法

『見積金額より高い請求をされた』
『余計な作業をされて料金がプラスされた』
『現地見積で断ったら出張費と見積額を請求された』

業者への依頼の際、よく起こるのが料金請求に関するトラブル。
パッキンの交換でお願いしたのに実際来てもらったら蛇口本体の交換を勧められた、など。
水道修理は実際に見ないと細かい料金までは分からないので、客と業者の認識の違いがよく起こります。

そんなトラブルを未然に防ぐためには、事前にしっかりと料金形態を確認すること。
最初の電話の際、必ず以下の点に注意して、よく聞くようにしてください。

料金把握のポイント

・出張費込など、提示料金の内訳の確認
・現地見積で断った場合料金が発生するか、発生するときの料金確認
・作業前に最終的な料金総額を提示するのか
・追加で作業が必要と言われた際、断っても大丈夫か

とにかく気になった点は全て聞くこと。
特に現地見積で断った際に料金がかかるかどうかは大事です。

よりお得に水道修理をするために!

まずは複数の業者より、相見積を取るようにしてください。
それから現地見積で料金が発生しない業者を一度呼んで、
部品の交換ではなく本体の交換を提示されたら自分で本体を用意しましょう。
それだけで、修理料金を安く抑えることが出来ます。

もし自分で直せる自信があれば、自分で直したほうがグッと修理費用を抑えられます。

その他よりよい業者を選ぶ方法は以下のページを御覧ください。
→『即日水道修理するための業者の探し方&選び方』

業者を呼ぶ前に!自分で応急処置できないかを確認!

また、業者に頼まずとも応急処置だけで直る場合もあります。
軽度の症状に限りますが、部品の緩みや接続が外れていただけ、というケースも少なくありません。それだけで済むようなら極端な話、無料で水道修理が完了します。

各水道トラブルの応急処置については以下のページにて解説しているので、一度読んでみてください。
→『今すぐ実践!水道修理業者を呼ぶ前の応急処置早見表』

それでも直らない、あるいは再発がひどい時にはプロの修理業者へ依頼しましょう。

フォローする